インビザライン(マウスピース型矯正装置)

■インビザラインとは

マウスピース型矯正装置を使った治療方法の一つです(ワイヤー型と異なる)。アライナーと呼ばれる個々の歯列の合ったプラスティックマウスピースを7〜10日で交換装着して歯列矯正を行います。「痛みが少ない」「目立たない」「取り外し可能」などメリットの多いインビザラインによる治療を、当院では積極的に患者さんに勧めております。

 

日本でも現在、数種類のマウスピース型矯正装置がありますが、全世界で圧倒的シェアがあるのはアラインテクノロジー社のマウスピース型矯正装置になります。当院でもこのアライナー装置を使用しています。

 

1〜2週間ごとに交換するマウスピースは、事前のシミュレーションに従って少しだけ歯が動くようにわざとズレた状態で作られています。マウスピースと歯の間に空いている隙間の方にキツイ方から押されて歯が動く仕組みになっています。このサイクルを繰り返す事で歯列を徐々に動かしていきます。

 

インビザラインはセルフケアを考えるきっかけにもなると考えます。治療が始まると、歯の動きのシミュレーション動画であるクリンチェックと、鏡でみた自分の歯を見比べて少しづつ変化している事を確認する事でモチベーションを保つ事ができます。「矯正治療を楽しむ」という事が、インビザラインでは可能です。当院では、せっかくの矯正治療を楽しみながら受けていただければと考えています。

 

■治療までの流れ

まずオーラルスキャナー(iTero)という光を当てるだけで立体歯列画像を撮影できるカメラからデータを取り3D歯列モデルを作成し、それぞれの歯を正しい位置に並べ直す事で、矯正治療の完成予想図(セットアップ)を作ります。このセットアップをクリンチェックというソフトを使用して、歯科医師が修正を加える事で、治療計画が完成します。

 

治療シミュレーション作成が完成した後には、マウスピースが製造され、医院に送られてきます。

 

その後、医院に患者さんが来院後、マウスピースから歯へしっかりと矯正力が伝わるようにするためのアタッチメントと呼ばれる小さな突起や、矯正用の輪ゴムを使用するためのボタンを歯に設置します。何回か着脱の練習をして、使用方法の指導後、インビザライン治療が始まります。

 

■インビザラインのメリット

①目立たない

矯正治療の第一のハードルは「目立つ」です。透明なマウスピースなら目立つ事はありません。1m以上離れた状態で、アライナーが入っている事を確認するのは、医療関係者でもない限り困難です。自分から言わないと、装着している事を気がつかれないと言う方が多いです。

 

②痛みが少ない

なめらかなアライナーの為、口内炎などができる事はほとんどありません。また、装着時の痛みは非常に小さいです(圧痛)。

 

③マウスピースを外して食事ができる

ワイヤー装置のまま食事をする取る事は大変です。また装置の故障を引き起こすような食べ物は避けることになります。インビザラインなら、治療中も食事をしっかり楽しむ事ができます。食後のケアも、歯磨きだけでなくアライナー自体も簡単にお掃除ができます。

 

④通院は2〜3か月に1回

ワイヤー装置は1か月に1回の通院が必要です。この1か月に1回というのは、お仕事や部活で忙しい方や、遠方から通院の方には大きな負担になります。インビザラインなら、時間遵守が確認できれば最長3か月ほど空ける事も可能になります。もちろん、何かトラブルがありましたら、メールやお電話などでサポートいたします。

 

⑤治療後の歯の動きが見える

クリンチェックによる治療後のシュミレーションは非常に優れています。今まで捉える事が難しかった「どのように歯が動いていくのか?」がビジュアルでわかります。お見せした動画はお渡しすることもできます。

 

⑥虫歯になりずらい

特にお子さんの矯正治療の心配に、虫歯のリスクがあげられます。ワイヤー装置だと、虫歯も同時にできてしまうこともあります。インビザラインは、いつもと変わらない歯磨きで大丈夫です。万が一虫歯になっても、矯正治療中も問題なく治療ができます。

 

■インビザラインの注意点

①装着時間が重要

「取り外せる」という事は大きなメリットですが、デメリットにもなりえます。規定の時間より使用時間が少ない場合は、治療途中でアライナーが合わなくなるという現象が生じることがあります。

この場合は、軌道修正(リファインメント)を行い、追加アライナーを発注する必要があります。その分、治療期間が延びてしまいます。

 

②他の装置を併用することがある

歯根の移動がスムーズでない場合、歯につける突起であるアタッチメントや、エラスティックと呼ばれる輪ゴムをかけるボタン以外にも補助装置を使用させていただく可能性があります。

また、一部適応症というものが存在し、その場合はインビザラインのみで治療する事は難しくなります。

 

■治療費用

治療内容や期間によって金額は異なりますが、30〜80万で収まることがほとんどです。

以前ワイヤー矯正していたけど、後戻りしてまたきれいに治されたいという場合は、30万円からご相談をお受けさせていただいています。

より正確な見積もりは初回カウンセリングの後にお出しさせていただきます。

 

お支払い方法は3つございます。

①クレジット一括払い

②分割払い(引き落とし)

③分割払い(来院時お支払い)

 

ぜひ無料カウンセリングをご利用ください。

香川県 高松市 浮田歯科医院 香川県 高松市 浮田歯科医院 お問い合わせ